誰もがなる可能性の高いうつ病について知っておこう

気になる治療費

うつ病は、精神的なことがきっかけで発症する病気になります。その為、心療内科へ行って治療を受けることになりますが、気になるのはどれほど治療費がかかるのかでしょう。

» 詳細を確認する

特徴は何?

うつ病の治療を受けるにしても、具体的にどのような病気なのか知らない人も多いです。この病気は、とても特徴があって精神的な面に凄く影響があります。ですから、少しでもおかしいなと感じた時はうつ病かもと疑ったほうがいいでしょう。

» 詳細を確認する

協力してもらう

誰もがなる可能性が高いうつ病は、本人だけではなく周りにいる家族や友人の協力が必要となります。ですから、自分だけで何とかしようとせずに周りにいる人達にも打ち明けて協力してもらうようにしましょう。

» 詳細を確認する

うつ病のイメージ

うつ病は、現代では深刻な病気として扱われています。しかし、少し前まではこの病気に対して誤解するようなイメージが多かったのが事実です。ですが、今の時代では治療方法も発展しているので改善しやすくなっています。

» 詳細を確認する

本人との接し方

心療内科へうつ病の治療を受けに通うことは、本人だけではなく周りにいる人達も協力しないといけません。しかし、協力してもらうといっても励ましたり、治療を頑張ろそうとしたりすることは負担になるので気を付けて下さい。

» 詳細を確認する

知ってほしい目に見えない病のこと

改善できるように

うつ病改善への取り組み

うつ病の治療に当たっては、2つの治療法が中心となって進められます。一つは「十分な休養」です。うつ病の原因はストレスであることが多いので、まずは身体的、精神的に十分な休養をとらなければなりません。責任感が強い患者は「早く病気を治して復帰しなきゃ」と思うかも知れませんが、しかしその焦りがストレスになると回復が難しくなってしまいます。医師や家族による説得で、心の負担を軽くすることが大切です。 もう一つの治療法は「薬による治療」です。うつ病によって身体的な異常が発生する場合もあるので、薬で修正しなければならないときもあります。これについては抗うつ剤が有効であると考えられており、主に5種類のものが症状や患者の希望によって使い分けられています。

抗うつ剤が有効な理由

上記で述べた2種の治療法のうち、特に薬による治療が有効なのは、対処療法ではないという面があるからです。従来から、うつ病の原因がノルアドレナリンやセトロニンといった脳内伝達物質の不足であることは分かっていました。抗うつ剤はそれらの脳内伝達物質を外側から増やすのではなく、脳の機能を直接回復させることで神経伝達を活発化させることができます。うつ病の症状が悪化しないようにするだけでなく、治癒を早めることが可能なのです。 さらに抗うつ剤には複数の効果をあわせ持っているものもあり、うつ病と併行して発症する症状に対処できるという利点もあります。精神に作用する薬であるため抵抗を感じる方も多いと思いますが、毛嫌いせずに利用することが回復への早道です。

うつ病の治療には家族のサポートが大切です

先天的に持つ性格と生活環境のストレスにより、うつ病は発症すると言われています。うつ病の治療を受けるには、本人が自覚しなければなりません。しかし、現実には日々の忙しさに翻弄され、くたびれているだけと気持ちを誤魔化しながら生活をしていることがほとんどです。うつ病の治療には、第一に休息が必要です。仕事が忙しく、責任感の強い人にとって決断が必要ではありますが、この症状が重くなると休職をしてでも休まなくては改善していきません。治療方法は休息と同時に、薬物療法を用います。薬による精神療法で、まずは現状の考え方を変え、改善へ向かう決断をしましょう。うつ病の改善には周辺の人、特に家族のサポートがとても重要になります。

さまざまな抗うつ薬があります

うつ病の治療で使う抗うつ剤は、体の中の異常を修正してくれます。抗うつ剤は代表的なものがいくつかあります。SSRIという選択的セロトニン取り込み阻害薬は、セロトニンの量を調整することで、不安を抑制する効果があります。抑うつ不安に効果的といわれ、副作用はそれほど多くなく、便秘や下痢を起こします。また、SNRIというセロトニン、ノルアドレナリン再取り込み阻害薬は、脳内伝達物質であるセロトニンやノルアドレナリンの両方を調整することができます。三還系うつ薬は、アセチルコリンの動きを抑制しますが、排尿困難などの副作用に悩まされます。そこで四環系うつ薬は、この副作用を少なくするために開発された抗うつ剤です。これらの抗うつ剤を用いた精神療法で、否定的な思考を整理し、より柔軟な考え方が持てるよう少しずつ改善していきましょう。

ポピュラーでスタンダートな治療法

うつ病の治療法として一般的に用いられるのが抗うつ剤の投与です。抗うつ剤にもいくつかの種類がありますので症状や個人に応じて抗うつ剤の種類を変える必要もあります。最近では副作用が弱いものも開発されてきましたが、抗うつ剤では一般的には副作用が生じると言われています。その代表的なものとしてはだるさや睡魔です。ですから決められた量以上を摂取してしまうと日常生活にも害を及ぼしてしまいますから注意が必要です。抗うつ剤を飲むとすぐに効果が出るかと言われたらそうではありません。抗うつ剤が効果を発揮するには2週間程度時間を要するとも言われています。 続けることで薬の効果を発揮することが出来ますので根気よく治療することが大事です。

ページのトップへ戻る